Mita Takeyamachi

ずーっと行きたいなと思っていて、しかしこちら限定二組というハードルの高さ。

蟹狙いで数ヶ月前に予約して行って参りました。

ここ3年ほどは美味しい蟹をたらふく食べてなかったので期待度大。

雲丹のあんかけ

1

火を入れた雲丹は少し固くなるわけですが、そうすると表面のツブツブがしっかりと固定し、口に放りこむと、まるで舌と舌が絡み合うような感触です。

鰤カマの寿司

2

なるほど、カマは旨いですね。

イケイケな脂は影を潜め、スッキリとした脂と上質な旨み。

大根おろしが脂を緩和する作用もある?

この時期いろんなところで頂く鰤ですが、これは好みでした。

 

河豚の刺身、白子のムース

3

白子ムースが秀逸。

しかし、若干インパクトに欠けるか。

これをエレガントと称すのもありですが。

 

白味噌

5

具は??

1週間で記憶がなくなります。。。

 

香住の蟹

4

見事に捌かれていきます。

殻は飛んできません(笑)

6

焼蟹から

7

焼蟹

8

二人で一匹分の脚を焼いてくれました。
最初、概ね火を通したもの、続いてレアに、後の焼き加減はお好みで。

さすが香住直送だけあってピンピンでした。
鮮度の良いのって全く手が臭くならない!これが鮮度の良さを示す指標かなと
自分では思ってます。

鮮度はバツグンでジューシーしたが、ちょっと小さいせいか身の詰まりが弱い。
そのせいか甘みが最高ランクではなかった気がします。
ジューシー過ぎて水分多い?(推測)
それでも値段を考えれば十分満足行くものでした。

 

ぐじと菊菜

9

 

愛するカンティーヌのグジとはまた違った美味しさ。

 

 

蟹腹身と蟹味噌の蒸し焼き

10

味噌単体でも食べたかった気はする。

過去最高の蟹は、数年前に某シェフの実家(福井)から送ってもらったやつでした。
家で食べましたが、素材が良ければそれだけで最高の味わい。

これを超えることはもう無いのかもしれません。

この後、もう一組の客が来たので撮影中止。

富田林の海老芋

河豚のダシでつくった親子丼の鶏抜き

これも美味しかったなあ。

甘いのは何でしたかなあ。。。

 

ビールが小瓶しか無いのは辛い。
詳細の値段は不明ですが、支払金額からするとお酒は高めと思います。

空間的に、BGMは不要なのと照明がちょっと明るすぎるっていうか蛍光灯はちょっと

どうかなあ。。。料理が映えないと思うのですが。
たまにありますよね、老舗でも蛍光灯で明るいとこ。

かなりレベル高いし、器も良いの使ってはるし(近所は骨董屋さん通りですが、高いのでちょっと外れたところで良く買ってはとか)、、、好みの問題ですが。

しかし、蟹欲はほとんど満たされました!

 

その後、近くのバー、カルバドール。

ここも随分前から行きたかった店。

想像通りの見事な空間。

最高のジントニックに出会えました。

Publicités

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s