Toraya Kochuan

虎屋 壺中庵

コケの味がする鮎がいる。今まで食べた鮎の中で最上である、ただしいつ獲れるかわかりません。行きませんか?

鮎にはもうあまり執着心が無くなってきたこの頃ですがやはり気になるもんです。

運転有り難うございます。

その他、段取り、お心遣いナイスです。
申し訳ないくらい。

*梅酒

1
久しぶりに飲んだ。
熟成ヒネ香がほんのり。
もうちょい甘さ控えめが好み。
*鮑、じゅんさい

2

鮑は蓼酢で。

会いますね、蓼酢。

でも鮑は蒸しのほうが好きだ。

濃縮肝!!

じゅんさいはごくわずかなミネラルを感じる味付けのみ。
集中してじゅんさいを味わえます。

あんまり味しませんが清涼感はこの時期にうってつけ。

*八寸

3
ずいき、八幡巻き、鮎寿司

*鮑のしんじょう

4

繊細なダシは自分を試されているかのよう。
いつも思うんですが、しんじょうと汁は別々で頂きたい。
濁るのはキレイでは無いし、溶け出したしんじょうはダシの味を大きく変化させる。
特にこの思いっきり引き算のダシにはキツイ。
いっそ、ダシを全部飲み干してからしんじょを食べるのが良いのかも。

*お造り

5

かれい、ハモ

文句無し!
鰈の熟成の見極め。
鱧の口溶けよく、清らかな旨味。
けっこうな量。

*鮎

6

高知の安田川で大将が釣ってきはったそうだ。
2日前までの悪天候でかなりの増水にもかかわらず。
これぞ、究極のおもてなし!

7

6月というのにじゅうぶんに大きい。
頭の骨は固くなんとか噛み切れるギリギリのライン。(自分基準)
内臓のキリっとした緑色の苦みは見られず、ファットな肝のような苦み。
大きさの問題??
ここまで大きいと脂も乗って大味になるのかと思いきや、身はとっても繊細で風味豊か。
こんなに身の美味しい鮎も珍しい。

初体験。

 
*海老と冬瓜のあんかけ

8

上質の海老は文句なし!
あんのダシもさすが。

*鮎の骨せんべい

9

*茄子のうるか和え

10

*鰻

11

天然です。
脂は必要最低限で、あっさりした身はじつに柔らかい。
タレも甘さ控えめ。

なかひがし以来の衝撃です。
あれはまたベクトルが別方向ですが。。。

*甘夏ゼリー

12

*抹茶、豆饅頭

13

豆美味しい!

満喫。

 

ニコラ・フィアット(意外と良い)、ロデレール(このロットは素晴らしい)。
高知のお酒(米の味しっかり、ゴチです!)

コンパクトですが緑が美しいお庭。
(縁側に座ってこの庭を眺めながら食べたら印象も変わったかもしれません)
誠実そうな大将の人柄が良く出た料理、空間です。
田舎の旅館に来たような設えは良くも悪くも緊張感を薄めてくれる。
器も華美なものはそぎ落とした簡素なもの。
田舎には田舎の流儀があり、ここではあまり重箱の隅をつつくようなことはしないほうが賢明でしょう。
あくまで田舎に来てその土地の素朴な料理を頂くということに集中すべきであろう。
ただし、今の潮流からは外れているし都会の料理に慣れているとどうしてもギャップを感じてしまったのも事実。
料理だけではなくトータルで食事を判断する向きにはあまりオススメできないかもしれません。。。。
鮎、鰻狙いで!!

Publicités

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s