La Cime en Juillet 2014

ガストロウィーク3日目。

食べログの大阪フレンチでも9位なんですねー。
この日のランチは満席。

でも、まだそんなに予約取れないとかまでは至らないらしい。

やっと大阪でもラ・シームが認知されてきたと言う事でしょう。

 

ワインの敏腕インポーター達と。

 

 

*アミューズ

 

ゴーヤのマカロン 豆乳のムース
竹炭のブーダンドッグ
人参のムース
パプリカのラヴィオリ

 

オイルサーディン

1

 

 

 

 

 

 

*ガスパチョ、牡蛎、浅蜊、マスタードの泡 (もちろん、全面的にfeat.Kajiya farm、達川絶好調やな!)

2

何て洗練されたガスパチョ、素晴らしい!

この鬱陶しい梅雨時期にピッタリ、

コキーユの質も高い。

ナッツが斬新です。

 

 

 

 

 

*手長海老のベニエ、とうもろこし

3

kanroと被るなあ(笑)

どっちがどっちとかは置いといて。

衣も海老も硬質系。

kanroとは対照的。

マイス(とうもろこし)もウマイッス!

 

 

 

 

*まながつお、ジロール、バジル

4

そして、今日の一番皿はポワッソン!!

なまがつおの繊細さを十二分に堪能させてくれました。

 

ジロールとの絡みが、絶妙で、またジロールってフランス料理食ってるなあと思わせてくれるアイテムです。

バジルも夏向けに。

 

 

 

*あかうし、ラヴィゴットソース

5

 

 

 

夏仕様、さっぱりソースとのマッチアップ。

噛むのがしんどいですけどしっかり噛むことによって旨味が出てきます。

 

*付け合わせ、茄子とクスクス、マーシュ

6

別添えってのがスペシャル感あって何となく嬉しい。

スパイス何て言ってたっけなあ。。。もう忘れた。。。

カレー風味。

 

 

 

 

ワインは、同行プロのセレクション、ボトルにて泡にアグラッパーのテロワール、赤にエミーユ・ジャンテ(ジャンテ・パンシオの娘)のジュブレイ・シャンベルタン 1er シャンポー、比較にグラスで、バンジャマン・ルルーの村名。

アグラッパーはキリッと。

エミーユ・ジャンテは初、どっかで見たラベルだと思ったらなるほど。

程よい熟成で美味しかった。

バンジャマンは若く赤い果実。

まだワインに成りきっていない。

 

 

*奄美大島

7

おかゆみたいなの名前何だったか。。。

パッション。

ちゃんとまとまってるのが凄いです。

 

 

*チェリー

8

ここでボクちゃん登場!!

しかし、何でオトコにテンション上がらなあかんねんてこと(笑)

スマイルは健在。

癒されまする!

大きなチェリーはチョコのムース。

以前のフォアグラの横展開ですね。

 

 

 

 

*ジン

9

散髪に行こうか、このままロンゲにしようかと迷ってる森ちゃんの粋な計らい。

ジン・ソーダ。

フランスのGIN,

もちろん作ってるのもフランス人でしょう。(笑)

裏を見ると、w とな!!!

トニックでなくソーダを使ったから、クリアかつ複雑に広がる芳香を演出。

 

 

若槻さん!ジン会しましょーと思わずTwitterしてしまう。

 

 

*小菓子

10

急に外が暗くなってきてゲリラ豪雨?な故にホワイトバランス崩壊。(ほんとは全部の画像のホワイトバランスと露出を合わせることができればベストなんですけどね。。。)

ハーブティーを一気飲みして店を出る。

 

 

夏ラ・シーム堪能。

やはり、フレンチではここが一番好きやなあと思う。

 

 

 

 

 

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s