p greco

ワイン会(というネーミングにも違和感憶えるんだが)で前から気になってたことを書いておこうと思う。

最近でこそ頻度が減って思いついた頃にしかやりませんが、2年くらい前まではなんとか意地でも毎月開催していた。
10年以上はやってたと思う。
しかし数年前くらいからワインが高くなってしまって、何だかワインに対して情熱が一気に冷めてしまった。
特に海外の値段が高騰してしまったのは痛い。
なので、仕入れもままならずワイン会も魅力的なアイテムを並べることが困難になってしまった。
おかげでワインセラーはガラッガラ(笑)
もう20年近く使ってるロングフレッシュ。たぶん、壊れたら買い換えるつもりも無いかな。
あ、ワイン高騰もそうだけど、もう昔みたいに人が集まらないっていうのが一番の理由だったりするかも。。。
飽きられるんですよね。。。

そんなこんなでお店には大変お世話になり感謝している。
お店の好意がなければ成り立たない話だ。
なのでワイン会以外でもお店に通うとか、毎回持ち込むと言うのは避けるべきである。
昔こんなヒドイ話があった。
ブログにとあるワイン会のことを書いたら、ブログを見た人から店に同じ内容でやらせろと電話があったそうだ。
バカですよね。。。
無神経というか。。。
それ以来、ワイン会というキーワードはブログに書かないようにした。(見る人が見たらわかるケースもあるにはあるけど。。)
誰でもワイン持ち込ませて貰えると勘違いしてもらったら困るから。
そこは個人対店のやりとりで交渉事と思うから。
店は客に平等にサービスすべしみたいな日本古来の発想は止めて頂きたいと思う。
マクドやファミレスでも無い限り絶対違いますよ。
でも、外人が日本に来たらおもてなし的サービスに感動するそうですけどね。。。
お客様は神様では無くて人間、店の人も人間。
お互いがwin-winでないといけない。

さて、本題はこちら、西天満のピ・グレコさん。
前から信頼できる情報筋から聞いていたので外す確率は低いのは容易に想定できた。

週末のランチは6500円(税、サ抜き)のみ。
(世の中、税金込みの表示に統一してくれないかな。。。)

*ミラノ風コロッケ モンデギーニ

1

 

*玉ネギのあめで包んだ水牛バターとアンチョビ、

2

 

 

*和歌山真アジのマンテカートを詰めた美作花ズッキーニ

3

 

 

フェンネルの花を自分でちぎって振りかけるセルフサービス。

4

 

斬新!!

 

ワイングラスも斬新。

5

ステムは九谷焼。

良い発想。

ちょっと分厚いので触感エレガンスが損なわれるのは残念。

 

*淡路穴子炙りと越中バイ貝、徳谷フルーツトマトのガスパチョ、新玉ネギのジェラートを添えて

6

穴子良い脂のノリ。
全てが上手くまとまってる。

0

和食のニュアンスもあります。

 

 

*トウモロコシパン

7

ナイス演出!

 

*フランスフォアグラの茶碗蒸し、ポルチーに茸とジロール茸のコンソメスープ仕立て

8

もう少し濃厚な味付け、あるいは甘みがあるとよろしかったのでは。
キノコはとっても美味しかった。

 

 

*泉州絹皮ナスと水ナス、水牛リコッタチーズのカチョエペペをスパゲッティーで

9

ナスのうまいのこと!!

 

 

*蜜蘭香

10

 

 

*熊本桜肉フィレのビステッカ

11

馬肉はイメージ的に少しネガティブだったけど、食べて納得。

野菜はギャリさんとの再会。
岡山で農園を再開してはるそうだ!!

 

 

*山梨桃 白鳳と岡山美作3種ハーブのヴァリエーション

12

 

*紅茶と小菓子

14

 

 

 

料理はかなり自分の好みに入ってたな。
ラ・カンロ、ラ・シーム好きには強くオススメできる。
特にラ・カンロと同じ匂いがする。

最初にビール、そしてボトルで白ワイン。
ワインリストは総じて高めな設定。8000円~。
あんまり選択肢が無かったので、相談してリスト外から出してもらった。
シャンパーニュが1万円切ってくれると嬉しいのだが。。。

サービスの女性が終始にこやかな対応でリラックスでき、居心地良くしてくれている。
笑顔すらできないイキった男子ソムリエなんかだと、妙な駆け引きしないといけなかったりして面倒なんだけど、その点やはり女子のサービスは優しくてこちらも素直になれる気がする(笑)

 

フリウリのピノ・グリージョ。

13
ボトルでオーダーした白ワインの温度が最初からジャストであったことも評価したい。
ソムリエ有資格者でもできない人結構居る。。。たしかにほとんど動かないボトルをオーダーされたら困るんでしょうけど。。。

料理もサービスも気に入ったし、
さすが、評判通りの素晴らしい店だった!
リピート確定。(ただ、2回目以降は感動が薄れるのが常なのでそこは調整してから伺うようにしないと)
この前の木津市場といい、最近イタリアンが面白いなあ。
いや、イタリアンていうカテゴリから外れてるのかもしれません。
たしかにパスタが出てこなかったらイタリアンかフレンチかよーわからんかもしれません。
自分はボーダーレスでも全然敵わない、美味しかったら。

それにしても、早く夏が終わって欲しい。。。
旨いもん食べてる以外は相変わらず低空飛行な日々。。。

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s