La Cime en Octobre 2014

お疲れ様です。
平日はブログを書く気力が無く早い時間にコテンと寝てしまうのですが、不眠症ですので3時間以上の睡眠は叶わず、数回覚醒後に朝を迎える毎日です。
街医者にはストレスですかねーと診断されておりますが。。。はーー。。
薬はなるべく控えてますが。

NMにネガティブブログと言われる。
(るっせー、お前に言われたないわ!)
しかし、まあまあその通りで、やはり落ち目な時間を過ごしているわけでそれが投影されているのは否定はしません。
ご覧になってる皆様方には、このネガティブ空間の中にも一筋の光、面白みを見いだして頂き、共感してほしい所存であります。

他人様のブログを見ることは見るが面白いなと思うのは食以外のことだったりします。
食系は、まあ基本おもんない。。。(オマエもなと返されるだろう。記録目的もありますから)
食べログと同じく、客観的な情報だけを捉えるものと割り切る。
みなさんそれぞれの思いで書いてはるでしょうが、公開している限り、共感してもらいたいという気持ちはあるだろう。

でも、まあなかなか無いよね。。。

そういやあ、仕事のPCを新しいのに変更したら画像の映り方が家のMACと全然違う。
当たり前だけど。
ゆえに、みなさまもボクと見え方が異なるということです。
んん??それがどないしたって?
いや、その、、自分が美しいと思って載せていてもPC変わると印象も変わるのだろうということ。

料理画像は綺麗に撮るべしを信条に致しておりますが、世の中に溢れかえる料理画像の多くはよろしくないと思うのです。
という風なことをFacebookに書いたら一部共感得られましたので少し風呂敷広げてみました。(笑)

なぜ?
こんなにデジカメの技術は発達してますのに。。。
そしてデジカメのウンチクを語る方に限って、、、、なんですよね。。。
オレもか(笑)
いやいや、機械じゃない、感性だと言うことを言いたい。
美しいと思う感性を共感できれば。
せっかく素晴らしい料理だからその美しさを伝えたい。
恐らくマイノリティでしょうけど。
それでも良い。
それが個性である。
7月以来のラ・シームは、食育プログラム第4回目、最高のフレンチです。(一碗水、バッロッタ、ドノスティア)
今回は彼女が来れないそうで同級生の女子を連れてきてた。かわいい。
喋りに気を使い、料理のディテールはちょっとすいませんおぼえてない。。。
しかしながら、ラ・シームの変わらぬ素晴らしさ、美味しさは確認できましたので。
*アミューズ群

1

好奇心をくすぐられる。

 
*穴子、オーベルジーヌ

2

むっちりとした穴子。

 

3

不覚にも想いだせない。

かたじけない。

そうだ、フランだ。

ジロール。

塩はきつめ。

 

 

 

 

 

*フォアグラ、ひめじ

4

フォアグラは最近再考アイテム。

とろり。

 

かぼちゃ?とひめじのマッチアップ。

 

独創的だが、しっくりくる。

 

これぞ、ラ・シームたらしめる所以。

素晴らしい。

 

 

 

 

 

 
*ポワソン

 

6

 

めぬけ?

魚料理のレベルの高さもラ・シームである。

 

リンゴとの掛け合いもお見事。

 
*蝦夷鹿

7

鹿の柔らかさと繊細な香りは技術の高さを存分に発揮。

 

コンソメ万歳!

 

*アヴォン

8

ピントがずれております。。。マニュアルゆえの言い訳。

 

 

*オータム

9

手が込んでるねー!!!

そして、秋の深みを感じる旨さ!!!

アルマニャック、美味しい!!

 

 

 

*小菓子

10
ワインは森ちゃんセレクションで少しずつのバイザグラス。
泡は何だったっけ??、ビオのサンセール(ビオ系、昔良く飲んだ作り手)、ギガル、モンティーユのミュルソー、赤は、、、???すいません。

5

彼女はお酒飲めないんですーと言われると飲ませてみたくなるのはオヤジの悪いところ。

飲ませてませんよ!!

***

流行も嫌いではない。いや、むしろ10年前くらいまでは我先にと追いかけていた。
しかし、表面的な装飾より、味の本質へのアプローチを怠らない料理人が長いタームで言えば残ってくるはず。
それは、多文化、ファッションや音楽を見ても明らか。
だから、流行を武器にする料理人は、あそろそろ終わりだなというタイミングを見極めて、とっとと次に乗っかっていくことが肝要ではないのかと。
もう、ソースやペーストをスプーンで擦り付けたとこなんて今は見たら恥ずかしくなるでしょ?
そういうこと。
高田シェフは、ここらへんのバランス感覚において実に長けており(実際関西では居ないのでは?)、今後も最前線を突っ走っていくことになるのだろう。
もう完全に大阪を代表するフレンチと言えますでしょう!
二つ星にならなかった理由が見当たらないんですけど、何かのタイミングが悪かったのでしょうか。

そうそう高田シェフとメツゲライ・クスダの楠田シェフが来年1月にシャルキュトリー世界大会に出場します。

http://metzgerei.exblog.jp/21249986/

みんな応援に駆け付けるらしく、行きたい!のだけども、、、試験がそこらへんに組み込まれる予定で濃厚。。。これ、ブッチしたらいろいろとややこしくなる。

マイルがたんまりあるのになあ。。。
またいつものGWかなあ。
今度は一人旅かなあ。

酔ってるんでもう寝ます。

 

 

Publicités

2 réflexions sur “La Cime en Octobre 2014

  1. お疲れ様です。
    昨夜の東京オマージュでのフェア、こちらで予習してのぞみました。高田シェフ、味の酸味甘味や、古典とモダン、等々相変わらずすばらしいバランス感覚。鮑にソースが切り干し大根という奇抜な取り合わせでしかもおいしかった。
    魚のリンゴとの掛け合い、リンゴの下の食材とソースが気になります。

    • 希代の料理人です。

      フェア、この前シェフ言うてはりました。
      来年だったか、某レストラン(言うたらだめなのかな?)とコラボ有るのでそっちは是非来てくれとも。

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s