HEXAGONE

パリで一番楽しみにしていたのが、マチュー・パコーのエキサゴン。

最終日のディナーに取っておいた。

なぜ、独立しはったのかは憶測が飛ぶ。。。

まだ若いからモードっぽいことしたかったのか?
親の七光りでシェフは荷が重かったのか?
スタッフとソリが合わなかったのか?
おいしい儲け話なのか?
支店てわけじゃないよね?

そういやあ、マカオの本家出店はどなったの??


6

トロカデロ、場所も抜群に良い。

ロンシャン通りにはジャマンが有ったね。。。懐かしい。。。

期待高まります!

 

オオバコ、一番乗り。
1
結構な投資だ。
もともと何だったんだろ・
しかし、この奇抜なアート感覚は好きではないです。。。

 

 

19時は早すぎた。。。明日帰るからと早めにしたのが失敗。
20時過ぎてからボチボチ入ってくる。
それでも半分も入ってないかな。

 

開店浅めでサービスもぎこちない。
悪気は無いのだが、キョロキョロしないといけないし、何度も英語で話しかけられる。

店内フランスの流儀で暗くて撮影は失敗。
ジャケットに革靴履いて手ぶらが気分だったのでポケットにすんなり収まるチビsonyにしたのが敗因。

アミューズは二品ありました。

2

悪くない。
ワインリストはなかなか分厚い。
シャンパン1本で通すことにした。
エグリ・ウーリエ。

ソムリエさんは良かったな。

ワインへの愛情が伝わってきた。

 

 

 

デザートとか要らないのでアラカルトから選ぶ。

 

*Oeuf en blanc manger (avec Golden Caviar)

3

キャビアは緑の下に隠れています。
でも質はあんまりかなあ。。。
でっかい缶からすくったのでは無いと思う(笑)

こいうのがマチューぽい料理なのかな?

これで55ユーロは無い。

断じて。

 

 

 

 

*Langoustine

4

これが最悪だった。。。

選択ミスと言うのもあるが。。。(Tempuraの文字を見逃していた!!)

ラングスティーヌは茹でただけ。
ぬるくなってたし。
ソースはゆるい。

天ぷらは日本人的に全く以て天ぷらでは無かった。

久しぶりにこんなにピントの合ってない料理に巡り合った。

 

 

 

*Noix de ris de veau, Sauce diable

5

これはまあまあ良かったかな。

リ・ド・ヴォはエスカロップにしてました。
初めて。

 

ソースにちらりとランブロワジーの香りがしたのが唯一の救い。
さすが、お父ちゃんの血を引いてます。

 

付け合わせの、ジャガイモのムースは味は良いけれどザラつきが気になった。

 

パリで一番楽しみにしていたのが、マチュー・パコーのエキサゴン。
でも、もう二度目は無いかな。
値段相応と言いますか、ガストロノミーではあるけれどオートでは無い。(日本人シェフを入れるべき?(笑)
ホームページの料理写真はイイなあと思ったんだけど5割増しの見合い写真だったみたい。。。
このままだったら、3年で消えると思う。

二倍払ってでも本家に行くべしだと思う。

それにしても写真が汚い。。
失態。
デゾレ。

帰りにシャンパン買って飲み直し(笑)

 

結論、ここは行っちゃダメ!

 

7 réflexions sur “HEXAGONE

  1. 石幡です。最終日の仕上げ・・ ドンマイです。
    今回の組み立ては意外でした。マルセイユへの行動力には驚かされました。さすが! 海の方はやっぱりいいですね。ただ、トリで心がパリに残ってしまわれましたかね。
    やっぱりlambroさんですから、1年を待たずパリ(lambroisie)再訪でしょうか。楽しみです。

    • 石幡さん、パリに行って三ツ星に行かなかったの初めてかもしれません(笑)
      予算の関係もありまして。。。
      フランスはもういいやと前から思ってるんですが、なぜかいきがかりじょう行ってしまいます。。。(笑)

  2. 何事も見かけで判断してはいけませんが、何とも言えない内装ですね・・・。

    お料理の味があまり伝わってこないのは、カメラのせいだけではなかったということでしょうか。

    • うーん、、、確かに、ここがランブロワジー繋がりじゃなかったら、内装見ただけでNGでした(笑)

      ここは仕方ないです。
      行くべき必然性があったので。

  3. 周りで行ったという人がいなくて、どうなんだろう?っていつも前を通って思っていました。
    むむむですね。

  4. 石幡です。ELLE 10月号「新しいパリに夢中!」号のcheck out NEW ADRESS として140ページに、“ハイパー・ガストロノミーでパリの食シーンに挑戦!”のタイトルでHexagone & Histoires が紹介されています。
    いやぁ、このページの写真と記事を読むと、惹かれます(笑)
    あ、触れてはいけませんでしたね・・ ど、ドンマイです(汗)

    • ネットで検索してもあんまり出てこないんですよね。
      新しいもの好きの日本人も全然行ってないみたいですね。。。
      キビシイと思いますよ。。。

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s