Point

6名での会食アレンジ。
ポイントは、やはりコンヴィヴィアリテ。

 

 

*アミューズ

DSC02502

しろエビのクルスティアン

 

 

完璧なトウモロコシのムース。

 

ポワンのシグネチャースターターであるフォアグラレーズンサンドは、前回のソーテルヌとのマッチアップがお見事過ぎたのを思い出した。
シャンパーニュでは分が悪い。というかシャンパーニュの個性が抹殺される。
お猪口でいいからソーテルヌが欲しい(笑)

鮎のリエットは程よい苦味。

 

 

 

 

 

*ウニのロワイヤル

DSC02506

何だこの清涼感は!
こういうのって日本人のアイデンティだと思う。
赤ピーマンのコンソメは限りなく透明な旨味。

 

 

 
*オマール海老のガトー

 

DSC02507

古典的な仕立て。
そして夏が詰まってます。

前の人に、オマールと赤ピーマンを交換してくれと交渉しましたが拒否られました。

心の狭い方で残念です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

パンはしっくりこないな。
ぼやけた印象。

 

 

 
*琵琶湖産ウナギと十六穀米のリゾット

DSC02512

マトロート、こちらも古典的な発想から。
間違いなし。
カベルネ・フランに合わせてくれたシェフの気遣いに感謝。

 

 

 

 

 

*アコウのポワレ 白ワインのソース

DSC02516

これも好き!!

フランスでこのレベルの魚に出くわすことは一部のレストランを除いてほとんど無い。
匂いが有ったり、火入れが散漫だったり。

 

ソースもキマってる!

 

そして、花ズッキーニに仕込まれたホタテのムースがたまらんです。

 

 

 

 

 

 

*フルーツハーブティー

DSC02519

梶谷農園、ステキです。
これは商品化すべき!?

 

 

 

*フランス産乳飲み仔牛のロースト

 

DSC02522

 

ヴォー・ドゥ・レ

 

オージーのトリュフ!
香り来てます!!

 

 

仔牛大好き。

仔牛を巡る冒険を楽しみたい。

 

 

しかも乳飲みって久しぶりで嬉しい。

この火加減は満点でしょう!(この前のヨシノ越え!)
そして、この絶妙な火加減を味わうには、ペルスヴァルのクトーも一役買っている。
まるで斬鉄剣のような抜群の切れ味、この切れ味でなければ塊で提供することは無謀。
切れが悪いクトーなら肉汁が滲みでてしまうし、肉を不必要に押しつぶしてしまって食感が悪くなる。
こういうところまで気を回すのがガストロノミーだと思う。

 

 

仔牛のことをパサつくとかほざいてる食評論家に食べさせてあげたい。その2。

ほんと、パリに住んでるのに何食ってねんて言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

*ヴェルベーヌのジュレとメロン

DSC02526

まるごとヴェルベーヌ的な、バチっとヴェルベーヌを感じる。

メロンもうまいな。

 

 
*ウッフ・ア・ラ・ネージュ

DSC02528

 

またも古典からのブラッシュアップ。
スーッと消えていくネージュはまさに雪解け。

 

 

 

 

今回も満足度高かったな。

さすが、大阪ではラシームとツートップだ。

来月も行きたいくらいだ。

 

 

 

謙虚でじっくりと考察されたフランス料理、ストーリーのある真っ直ぐな料理。
シェフの人生を投影している。

 

 

 

そして、良い料理を作る人は良い人も作る。
まさにそんなサービススタッフ達は優等生的に立ち振る舞う。
美味しく味わうためには、必須な要素。

誰もクリックしないこのコーナーですが、稀にクリックしてくれる方もいらっしゃるようで安心しました(笑)

最近お気に入りのテラス・マーティン。

ケンドリック・ラマーのフューチャー、ヒップホップなんてキライって方に聞いてもらいたし。

これもアーバンです。

 

 

 

Publicités

2 réflexions sur “Point

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

w

Connexion à %s